パイロット目線で操縦できるParrotの新型ドローン「Bebop Drone」

スポンサーリンク

パイロット目線で操縦できるParrotの新型ドローン「Bebop Drone」を体験してみました

手のひらに載るドローン(クアッドコプター)のRolling SpiderやiPhone/iPadで操縦可能なAR Drone 2などのドローン製品を送り出しているParrotが、本体に内蔵したカメラの映像を見ながら操縦できる新型ドローン「Bebop Drone」を発表しました。日本国内では4月に発売されるという新しいドローンを一足先に借りることができたので、どんなフライトが可能なのか試してみることにしました。

パロット社製 Bebop Drone 頑丈な超軽量クアッドコプター、1400万画素の魚眼レンズカメラ、解像度:フルHD 1080p、スカイコントローラー、3軸ベースの画像スタビライザー
http://www.parrot.com/jp/products/bebop-drone/

コレが編集部に届いたBebop Droneの実機。本体サイズは28×32×3.6cmとコンパクトで、重量も約400グラムと軽量に仕上がっています。

本体前部のカバーを開けると、1400万画素HDカメラが姿を表しました。視野180度という魚眼レンズを搭載していますが、後半のムービーでもわかるように実際に撮影される映像はいたって自然なものになっています。カメラで撮影した映像は、本体内のメモリーに保存することができ、PCとUSBケーブルで接続して取り出すことも可能です。

Bebop Droneは4基のローターを持つクアッドコプター。機体は前後ツートーンカラーに塗り分けられており、ローターも同色になっているのがスタイリッシュ。カラーはレッドとイエロー、ブルーの3色がラインナップされています。

ちなみに、パッケージ同梱品はこんな感じ。機体とローターをカバーし、周りの人や物の安全を確保するハル(バンパー)を左右に取り付けることが可能で、バッテリーが最初から2個入っているのがうれしいところ。世界各国で使えるコンセントアダプターが4つと、USBケーブル、そして交換用のローターが2個×2色セットになっています。

ハルを取り付けるとこんな感じ。外周部は柔らかい発泡スチロール製なので、不意に当たってもケガの心配がなさそうです。

脱着式のバッテリーは、本体後方の黒い部分になっています。

後方から見ると、機体のコンパクトさがよくわかります。グラスファイバーで補強されたというABS樹脂でできた機体は、墜落の衝撃にも高い耐久性を持っているとのこと。

スポンサーリンク

よく見ると、機体主要コンポーネントは赤いラバー上にマウントされていることがわかります。こうすることでローターの振動をシャットアウトして、映像の品質アップをはかっている模様。コンパクトな機体内部には、機体の安定性を高めるために加速度計やジャイロスコープ、磁力計などのセンサーを内蔵。また、地面を撮影して対地速度を測る垂直カメラや超音波センサー、圧力センサーなども搭載されているとのこと。

機体を眺めたところで、さっそく飛ばしてみることに。本体の電源を入れる前に、まず操作用のアプリを用意しておきます。アプリはAndroid版iOS版がリリースされていますが、今回はiPad Air 2にインストールして操作してみることにしました。

本体の電源スイッチは、機体後部のこの小さいボタン。電源を入れ、次にスマートフォン/タブレットとWi-Fiで接続します。

Wi-Fi設定画面で「BebopDrone******」と表示される項目に接続。Bebop Droneは複数のアンテナと周波数帯を使うMIMO(マイモ)に対応しており、安定した通信を実現しているとのこと。なお、周波数帯は2.4GHz帯と5GHz帯を使うことができますが、屋外で使用する際には許認可の関係で2.4GHzしか使うことができないので注意が必要です。

Wi-Fi接続が完了したら、アプリを立ち上げ。

アプリ画面で「START」をタップすると、操縦モードに入ることができます。なお、この時点で画面にはすでにカメラが捉えた映像が映し出されています。

準備が整ったところで、さっそくフライトに突入。基本的な操縦は、画面をタッチしながらタブレットを前後左右に傾けるだけというもので、慣れれば直感的な操作が可能。機体の姿勢が安定しているので、あまり余計なことに気をとられずに操縦することができます。また、メインとなるFPV機能については、実際の動きとはおよそ0.5秒程度のレイテンシー(=遅れ)があるのと、やや動きがカクカクする瞬間はあるものの、激しい動きでなければ実用の範囲に入るものといえそう。不意に現れた障害物を避けるのは苦手ですが、大きく開けた広い空間をゆったりと飛ぶにはもってこいといえそうです。

Parrotのドローン「Bebop Drone」でFPV操縦を体験してみました – YouTube

今回は使うことができませんでしたが、Parrotでは物理的ジョイスティックを装備してラジコン感覚で操縦することができるスカイコントローラーもラインナップ。タブレットに送られてくる映像を見ながら本格的なフライトを楽しむこともできるようになっています。

Parrotの「Bebop Drone」は4月の発売に向けてサイトで予約を受付中。記事作成時点ではビックカメラ.comとヨドバシ.comでの予約が可能で、Bebop Drone単品の価格は税抜き7万900円~税込7万6570円、「スカイコントローラー」とのセットは税抜き13万900円~税込14万1370円となっていました。

パロット社の新型ドローン「Bebop Drone」が国内で発売開始! フルHD動画撮影が可能!

スポンサーリンク

仏パロット社は、クアッドコプターの新モデル「Bebop Drone(ビバップ・ドローン)」の日本国内での販売を発表しました。第3世代となるモデルで、軽量化を実現しているほか、フルHDでの動画撮影が可能になり、人気の高い従来モデル「AR.Drone 2.0」よりも、さらに機能性がアップしています。Bebop Drone本体の価格は70,900円(税別)で、3月13日より、Appleストア、国内の家電量販店(ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ソフマップ、コジマ)、アマゾンや京商オンラインショップ、模型専門店で予約受付を開始し、4月上旬より販売が開始されます。ここでは、メディア向けの製品発表会&体験会の様子をお伝えしながら、Bebop Droneの特徴を紹介します。

取材・記事:価格.comマガジン編集部 堤 智代

※2015年4月6日:Bebop Drone本体とParrot Skycontrollerのセット品「通信距離拡張パック(Bebop Drone スカイコントローラーセット)」などの情報を更新しました。

Bebop Drone のレッドカラー(ハル装着時)。機体サイズは28×32×3.6cm(ハル装着時は33×38×3.6cm)、重量は400g(ハルつきで420g)と、従来モデルよりもずっと小さく、軽くなっています。通信可能距離は250m
Bebop Drone のレッドカラー(ハル装着時)。機体サイズは28×32×3.6cm(ハル装着時は33×38×3.6cm)、重量は400g(ハルつきで420g)と、従来モデルよりもずっと小さく、軽くなっています。通信可能距離は250m
Bebop Droneのイエローとレッドを持つParrot JPAC地域担当バイス・プレジデント兼マネージング・ディレクターのクリス・ロバーツさん。左側は、Bebop Droneに接続して楽しめる「Skycontroller(スカイコントローラー)」で
Bebop Droneのイエローとレッドを持つParrot JPAC地域担当バイス・プレジデント兼マネージング・ディレクターのクリス・ロバーツさん。左側は、Bebop Droneに接続して楽しめる「Skycontroller(スカイコントローラー)」です
機体に装着するバッテリー。フル充電で11分間の飛行が可能です
機体に装着するバッテリー。フル充電で11分間の飛行が可能です

魚眼レンズを搭載し、1080/30pのフルHD動画記録に対応!

Bebop Droneは、従来モデルと同じように、Wi-Fi接続(IEEE802.11a/b/g/n/ac対応)によって、スマートフォンやタブレットの専用アプリ「FreeFlight 3.0」から操縦ができるクアッドコプターです。従来モデルは安定した飛行が可能な点で人気を集めていますが、Bebop Droneも、機体に3軸加速度計、3軸ジャイロスコープ、3軸磁力計などを搭載しており、それらを利用して得られるデータをもとに、対地速度や高度などを取得する仕組みによって、安全かつ安定の飛行を実現しています。アプリも、1タッチで離陸・着陸・緊急着陸することができたり、本体が何かに接触した際などはモーターが止まるなど、安全性に配慮した設計になっています。さらに、3軸方向でのデジタル手ブレ補正がリアルタイムで行われてスマホやタブレットにビデオストリーミングされるなど、安定性が強化されました。

最大の特徴は、機体の前方に1400万画素の魚眼レンズが搭載され、フルHD(1920×1080/30fps、H.264)での動画撮影、4096×3072での静止画撮影(JPEG、RAW、DNG)が可能なことです。カメラの角度は、操縦アプリを親指で操作することで180度の視野を移動することができ、水平/垂直方向にも動かすことができます。また、1080pの広角ビデオで地平線のゆがみを補正することで、より自然で美しい映像を撮影することができるとのこと。本体には8GBのフラッシュメモリーが搭載されていて、最大で40分間の記録が可能です。

スポンサーリンク

フルHD動画撮影が可能な1400万画素の魚眼レンズ
フルHD動画撮影が可能な1400万画素の魚眼レンズ
操縦アプリ「FreeFlight 3.0」画面。画面下の緑色が離陸、着陸ボタン。左側で上昇・下降、左右の回転が制御できます。右の白い丸を抑えながら端末を傾けることで、前進・後退・左右へ動くことも可能。また、機体にはGPSが搭載されているため、「Return Home」ボタンを押すことで離陸時の場所へ自動的に戻ることができます
操縦アプリ「FreeFlight 3.0」画面。画面下の緑色が離陸、着陸ボタン。左側で上昇・下降、左右の回転が制御できます。右の白い丸を抑えながら端末を傾けることで、前進・後退・左右へ動くことも可能。また、機体にはGPSが搭載されているため、「Return Home」ボタンを押すことで離陸時の場所へ自動的に戻ることができます
室内で飛んでいるところ。飛べる高さの最高の値を設定することができるので、高く飛びすぎて天井にぶつかったりするのを防げます
室内で飛んでいるところ。飛べる高さの最高の値を設定することができるので、高く飛びすぎて天井にぶつかったりするのを防げます
外で飛ばしているところ。スマートフォンアプリの画面をタッチしたり、スマホ本体を傾けることで本体を制御すます。アプリ画面から手を離すとホバリング状態を維持します
屋上でのデモ飛行
屋上でのデモ飛行

セット品として用意される専用コントローラーで長距離(2km)のフライトが可能! FPVグラス(別売)を使ってパイロット感覚での操縦も!

Bebop Droneでは、別売りの専用コントローラー「Parrot Skycontroller」にも注目です。スティック付きのコントローラーで、Wi-Fiアンテナが4本に強化されており、このコントローラー利用時は、通信距離最大2kmの範囲まで拡張されます。スマートフォンやタブレットを装着してBebop Droneからの映像を表示できます。また、Skycontrollerの本体にAndroid OS と操縦アプリケーション「FreeFlight3.0」が搭載されているため、タブレットやスマートフォンがなくても操縦できるのも特徴です。ラジコン感覚で操縦したい場合に活用したいオプションですね。なお、Parrot Skycontrollerは、製品発表時点では、単品販売はなく、Bebop Drone本体とParrot Skycontrollerのセット品「通信距離拡張パック(Bebop Drone スカイコントローラーセット)」として販売されています。通信距離拡張パック(Bebop Drone スカイコントローラーセット)の価格は、130,900円(税別)です。

さらに、Parrot SkycontrollerはHDMI出力を装備しており、HDMI-USB接続が可能な別売のFPV(First Person View)グラスの利用に対応しているのも見逃せません(製品発表時点では、カールツァイスのCinemizer とソニーのヘッドマウンドディスプレイHMZシリーズでの利用が可能とのこと)。別売りのFPVグラスを接続して、パイロットの視野の感覚で操縦することもできるようになっています。

Skycontroller(スカイコントローラー)を接続したモデル
Skycontroller(スカイコントローラー)を接続したモデル
HDMI-USB接続が可能なFPVグラスの利用に対応。FPVグラスを接続して、パイロットの視野の感覚で操縦することができます。まるでドローンに乗っているみたい!
HDMI-USB接続が可能なFPVグラスの利用に対応。FPVグラスを接続して、パイロットの視野の感覚で操縦することができます。まるでドローンに乗っているみたい!
筆者も試してみましたが、操縦しているときは飛んでるような気分になりました。自分(本体)がどこにいるのかわかりにくくて、タブレットでの操縦よりも難しかったです(壁に激突してしまいました……)
筆者も試してみましたが、操縦しているときは飛んでるような気分になりました。自分(本体)がどこにいるのかわかりにくくて、タブレットでの操縦よりも難しかったです(壁に激突してしまいました……)
飛んでいるところ。前後左右の動きが俊敏に動きますし、宙返りもできます
飛んでいるところ。前後左右の動きが俊敏に動きますし、宙返りもできます

フルHDの空撮を手軽に楽しみたい方にとって注目度の高い製品

Bebop Droneは、人気のAR.Drone 2.0と同様、安定した操縦ができるクアッドコプターです。新たに魚眼レンズを搭載し、1080/30pでのフルハイビジョン動画の撮影が可能になりました。Bebop Droneの本体価格は70,900円(税別)と、けっして安い製品ではありませんが、空撮だけでなく、別売りの専用コントローラーParrot Skycontroller(※Bebop Drone本体とのセット品であるBebop Drone スカイコントローラーセットに同梱されています)を使った操縦も可能で、いろいろな楽しみ方ができるクアッドコプターとしてコストパフォーマンスは高いと思います。ハイビジョン画質で手軽に空撮を楽しみたい方にとって、非常に注目度の高い製品はないでしょうか。

空撮ドローンParrot Bebop Droneは7万円台で4月上旬発売。Oculus対応コントローラ付き14万円

スポンサーリンク

Parrot は魚眼180度カメラ搭載のクアッドコプター Bebop Drone を国内で4月上旬に発売します。予約開始は明日3月13日。

Parrot Bebop Drone press shots

すべての写真を見る

11 枚

Bebop Drone は定番クアッドコプター AR. Drone シリーズで知られる Parrot のコンシューマー向け新製品。高度な自律制御による安定性やスマホを使った簡単な操作に加えて、デジタルジンバルと3軸ブレ補正機能を備えた魚眼180度1400万画素や、リアルタイムに歪み補正や動画ブレ補正を施すプロセッサの内蔵など空撮能力が向上しました。

(訂正: 当初「電動ジンバルを備え」としていましたが、正確にはカメラを安定させる3軸ブレ補正と、180度映像から切り出して視点を変更する「デジタルジンバル」を備えます。お詫びして訂正いたします。)

また GPS / GLONASS 内蔵により、プログラムしたフライトプランどおりに飛行/撮影させる機能、WiFi信号をロストした際や、ホームに戻るボタンを押すと離陸地点に戻る自動帰還機能も搭載します。

さらにオプションのコントローラSkyController も Bebop の特徴のひとつ。通常は250mの通信距離を最大2kmまで延長できること、HDMI出力ポートを使い Oculus Rift などヘッドマウントディスプレイを使った主観フライトにも対応する点が特徴です。

スポンサーリンク

主な仕様は、本体サイズが23 x 32 x 3.6cm、重さはバッテリー搭載で390g。屋内用の外殻(ハル)を装着すると410g。大きさからすると意外なほど軽く、落ちた時のダメージも少なくなっています。

バッテリー駆動時間は11分。標準で二個付属するため、交換すれば計22分。

撮影機能は6エレメント F2.2の180度魚眼レンズ、1400万画素センサ、3軸ブレ補正。動画は1920 x 1080p 30fps の H.264。静止画は4096 x 3072まで。JPGのほかRAW, DNG も残せます。内蔵ストレージは8GB。

価格は Bebop Drone 単体が 税別7万900円、SkyController 付属パッケージは13万900円。AR. Drone からの機能向上を思えば単体ではむしろお買い得価格ながら、コントローラが付属すると価格が倍近くに跳ね上がります。

SkyController が本体に近い価格である理由は、コントローラ機能に加えてレンジ最大2kmのアンテナを備えたWiFiアクセスポイントでもあること、Androidを内蔵することで、スマホやタブレットを使わずコントローラだけでも飛ばせるAndroid端末でもあることなど。

写真のタブレットは付属せず、iPad や iPhone など一般的なスマートフォンやタブレットを固定します。またHDMIポートに Oculus Rift などを接続した主観フライトには SkyController が必要です。主観フライト向けのヘッドマウントディスプレイはHDMI入力を備えた製品なら原則的に対応。

ジャイロセンサ出力を内蔵したHMDであれば、ユーザーの頭の動きで Bebop Drone のカメラの向きも操作できます。