HiTECから! またも新型クワッドヘリ【Q4 Quadcopter】予約しちゃいました!

スポンサーリンク

HiTECから! またも新型クワッドヘリ【Q4 Quadcopter】予約しちゃいました!

Q4 Quadcopterハイテックマルチプレックスから新型クワッドヘリがリリースされました。モデル名はWeekender Q4 Quadcopter(Q4クワッドコプター)です。

HiTEC社からは、ついこの間、ナインイーグルスのクワッドヘリ ALIENが発売されたばかりですから、立て続けにマルチローターヘリのリリースということになります。

さらに今回のQ4 Quadcopterは、RTFキットの予価が\7,140の上、6軸ジャイロ搭載ですから、コストパフォーマンスは抜群!

早速、予約してしまいました。スペックや性能などを予習しておきましょう。

■Q4 Quadcopterの主要スペック

ハイテックマルチプレックスの製品紹介ページからの抜粋です。

2.4GHz 4ch 超小型電動マルチコプター
Q4 Quadcopter [ キュー・フォー クアッドコプター ]
買ってすぐに遊べるRTF(Ready To Fly)モデル!!
RTFキット 予価 \7,140(税込) 12月発売予定


・全長:120mm、全幅:120mm、ローター直径:55mm
・重量:33g、ブレードサークル:147mm、全高:28mm
・送信機:2.4GHz 4ch、充電器:USB充電器


○高度な技術を要するフリップ(宙返り)も簡単操作で実行可能
○送信機・バッテリーが同梱、買ってすぐに飛ばせるRTFモデル
○6軸センサーの搭載により、高い安定性と運動性を実現
○リビングルームで楽しめる、手のひらサイズの超小型機
○モード1方式を採用、本格ヘリの基本練習に最適
○操作性のよいゲームパッド型送信機を採用


<付属品内容>
●Q4 Quad Copter本体 ●2.4GHz 4ch送信機 ●飛行用Li-Poバッテリー
●USB充電器 ●予備ローター ●日本語取扱説明書
※送信機用に別途、単4アルカリ電池4本が必要になります。

スポンサーリンク

■予価\7,140で6軸ジャイロ!? コストパフォーマンス抜群!

ハイテックマルチプレックスの説明によると、「6軸センサーの搭載により、高い安定性と運動性を実現」ということですから、これは6軸ジャイロを意味するのだと思います。

この間、発売されたばかりのクワッドヘリ ALIENが3軸ジャイロで定価\13,650ですから、6軸ジャイロで\7,140はコストパフォーマンス抜群です。
Walkeraの人気クワッドヘリQR Ladybirdの6軸ジャイロ版では、実勢価格でも\20,000前後の値札が付いていますから。

■デザインは普通っぽい?

Q4 Quadcopterを写真で見ると、Walkera QR Ladybirdのような可愛さをアピールするデザインでもなく、ナインイーグルス ALIENのような前衛的なデザインでもありませんね。

ラジコンヘリとしてはニューウェーブの分野になるマルチローターヘリですから、先進的なイメージでデザインされていますが、あまり、センスを感じるようなデザインでは無いかな、と思ってしまいました。
コストパフォーマンスが最大のアピールポイントというところでしょうか。

■メーカーはWeekender?

ハイテックマルチプレックスは、ホームページの製品情報ページを見れば分かるんですが、プロポなどのHiTEC製品、ラジコン飛行機のMultiplex製品、ラジコンヘリのNineEagles製品などに分かれています。

今回、このクワッドヘリQ4 Quadcopterのリリースに合わせて、「Weekender製品」というカテゴリーが新しく追加されました。
つまり、NineEagles製品と同じように、Weekender社から製品を輸入し、ハイテックマルチプレックスジャパンが販売および国内サポートというスタイルではないでしょうか。

クワッドヘリをPC制御

スポンサーリンク

昨今、4つローターのラジコン・ヘリ「Quadcopter(クワッドヘリ)」が、インスタレーション空中撮影で大活躍ですが、おもちゃ係としても、早急にその基礎技術を習得しておいた方が良いということになり、今回のプロジェクト「QuadcopterのPC制御」が発足しました。その悪戦苦闘の道のりをレポートしていきます(この段階ですでに悪戦の気配がしているのが悲しい)。

IMG_6049

で、まずQuadcopterを選びました。「やはりできるだけ小さいのが面白いでしょ」ということで、童友社のSpiderを選定。写真でもわかるように、手のひらサイズ。とても小さいんです。それでもビュンビュンよく飛びます。6軸ジャイロを搭載しているだけあって飛行中とても安定しています。しかも実売価格は5000円ほどです! もう安易にポチッとな、で、購入しました。今振り返れば、この時点でラジコンの通信方式に関してもう少し調査をしておくべきでした…。

IMG_6074

で、このQuadcopterをどうやってPC(Mac)から制御しようと思っているかというと、よくありがちなArduino経由「Mac ⇒ Arduino ⇒ プロポ」です(ラジコン用語ではコントローラを「プロポ」と呼ぶそうです)。Arduino超便利。良い時代になりました。

このQuadcopter、2.4GHz帯を使ったラジコンです。で、ネットで検索すると、Arduinoで操作できる2.4GHz帯のプロポを組むための、RC送信モジュールArduino用送信モジュール接続シールドを発見。早速購入しました。

写真

RC送信モジュールが到着するやいなや、ワクワクしながらプロポを組みました。写真はモジュール接続シールドに送信モジュールとArduinoを組み込んだものです。「さぁ、あとは送信側と受信側のチャンネル(ラジコン用語では「バンド」)を同じに設定すればコントロール可能。一件落着!」と意気込んだのですが、あれれ? 2.4GHz帯コントローラのバンド設定に関する情報が見当たらない…?

スポンサーリンク

なんとなんと、周波数(クリスタル)を合わせて送受信機をつなぐ方式は、古くからある27MHz帯などで用いられる方法で、2.4GHz帯では、送信側と受信側は1対1にペアリングしてから使うとのこと。しかも、送信側と受信側でメーカーが異なるとまずペアリングできないらしいのです。念のためペアリングを試みたのですが、うまくいきませんでした…。

2.4GHzでの通信方式はデジタルで、通信プロトコルで送信側と受信側をペアリングするため、同一空間で同時に70機近くも操作できるとのこと。他の周波数帯ではバンド数の制限で、同時に10機程度しか操作できません。どう考えても2.4GHzを使うでしょ。っていうか、そもそもQuadcopterで2.4GHz以外を利用したものを目にした記憶が無いです。そうすると、選択肢は2つあって、1つ目は、購入した送信機のメーカーであるenRoute製のQuadcopterを購入するという進め方。そこでenRouteのQuadcopterをチェックしたのですが、これがデカイ。航空撮影等の機材の搭載を前提に設計されているのは良いのですが、小型機を多数ブンブン飛ばす夢は捨てがたい…。

残る手は、購入したQuadcopter用のプロポを改造して、Arduinoから操作できるようにする、というアプローチ。これにトライしてみることにしました。

で、早速プロポを開けてみました。すると、当たり前にレバー毎に可変抵抗2つをそれぞれX・Y軸に沿って操作する構成。要はこの可変抵抗の値をArduinoで操作できれば良いわけです。とは言ったものの、はて、どうしよう…?

IMG_6077

困った時はGoogle様。調べてみると世の中には便利なものがあります。可変抵抗のデジタル制御版といえるデジタルポテンショメータというものが見つかりました。デジタル信号で抵抗値を随時任意に変更できる電子部品です。さらにググったら、ありがたいことに、Arduinoでデジタルポテンショメータを使うサンプルを発見しました。そこで、このサンプルで使われているAD5206を購入することにしました。プロポの可変抵抗の最大値を測定したところ10kΩだったので「AD5206BN10」をDigi-Keyで発注しました。形式名のうしろについている「BN」はブレッドボードに挿せるタイプのパッケージを、最後の10は最大の抵抗値が10kΩであることを意味しています。

クワッドヘリ|購入ガイド

スポンサーリンク

クワッドヘリ|購入ガイド

HiTEC / Q4 Quadcopter

RTFキット 定価 ¥7,140(税込)
●Q4 Quad Copter本体 ●2.4GHz 4ch送信機 ●飛行用Li-Poバッテリー
●USB充電器 ●予備ローター ●日本語取扱説明書
※送信機用に別途、単4アルカリ電池4本が必要になります。

特徴

高度な技術を要するフリップ(宙返り)も簡単操作で実行可能

送信機・バッテリーが同梱、買ってすぐに飛ばせるRTFモデル

6軸センサーの搭載により、高い安定性と運動性を実現

リビングルームで楽しめる、手のひらサイズの超小型機

モード1方式を採用、本格ヘリの基本練習に最適

操作性のよいゲームパッド型送信機を採用

仕様

全長 120mm
ローター直径 55mm
重量 33g
ブレードサークル 147mm
全高 28mm
送信機 2.4GHz 4ch
充電器 USB充電器

Q4Quadcopter2Q4Quadcopter


 

スポンサーリンク

Walkera / StepUp!! QR Ladybird V2

(てんとう虫クワッドヘリ)
マルチローターのクワッドヘリとしては、人気の高い一機。
クワッドの特徴である「ぐっとスライドしていく飛行」の特性がありますが、扱いやすく飛行練習に向いています。

特徴

クアッド設計、安定した飛行やもっと簡単な3D飛行を実現できる。

ホビーレベルでトイヘリ価格を実現。初心者に最適。最新の3軸ジャイロを搭載し、飛行はさらに安定した。

2.4G 周波数ホッピィング・スペクトラム拡散方式。アンチジャミングに強く、電波到達距離は100mに達する。

Devo シリーズ送信機が使用できる。Devo 12S / 8S / 10 / 7 / 7E / 6S / 2402D。

てんとう虫に似たキュートでリアルな外観

QRLadybirdV2

全長 850mm
全高 30mm
受信機 RX2643H-D
機体用バッテリー 3.7V 350mAh LiPo
モーター 0720RN57A
飛行時間 約7-8分
飛行距離 〜100m
標準送信機 DEVO 4
オプション送信機 6/7/8 S/10/12 S

HiTEC / NineEagles ALIEN
NineEaglesALIEN