4K空撮ドローン「DJI Phantom 3」国内発売は5月中旬。事故の賠償補償制度も

スポンサーリンク

DJIは、4K動画撮影に対応したドローン/クアッドコプターの「Phantom 3 Professional」と、フルHDモデル「Phantom 3 Advanced」の日本における展開を発表した。量販店などのdji製品取扱店で5月中旬より販売し、価格はProfessionalが175,000円、Advancedが139,800円。日本のみの対応として、1年間の賠償責任補償制度もセットになっており、詳細は後述する。

Phantom 3 Professional

4K対応でモーターやバッテリも強化。DJI専用の補償制度は最大1億円

本体にゴールドのラインが入ったモデルがProfessional、シルバーのラインはAdvanced

現行モデル「Phantom2 Vision+」などのドローンと同様に、本体下部に専用カメラを装備。ProfessionalとAdvancedとの最大の違いはビデオ記録モードで、Professionalでは[UHD]モードで4,096×2,160ドット 24/25pや、3,840×2,160ドット 24/25/30pに対応。Professional/Advancedともに、[FHD]が最高1,920×1,080/60p、[HD]が最高1,280×720/60pの撮影に対応し、24p/30pなども選択できる。画角は約94度。

3軸補正のジンバルにより、飛行中でも安定した撮影を実現。撮像素子はソニー製の1/2.3型Exmor CMOSで、有効画素数は1,240万画素。感度を向上し、Phantom2よりも画質を向上した。レンズ設計を見直し、広角の歪みを低減している。映像形式は、MPEG-4 AVC/H.264(MOV/MP4)で、最高ビットレートは60Mbps。JPEG/DNG写真も撮影可能。記録メディアはmicroSDカード。

モーターやバッテリの性能も従来比で25%向上させたという。GPS/GLONASSなどを搭載。最大飛行時間は約23分。プロペラを含む対角サイズは590mm、重量は1,280g。

Phantom 3 Professional本体

Phantom 3 Professional本体とプロポ

Phantom 3 Advanced本体とプロポ

2km離れても映像を送信可能

現行機の「Phantom2 Vision+」との比較。水平線が丸く歪んでいるのが、Phantom 3では真っ直ぐになっている

カメラ部の仕様

室内などGPSが受信できない場所でも安定したホバリングを可能にするための超音波センサーと、専用カメラも装備。カメラで地面の映像を撮影してそれが動かないようにするほか、超音波センサーで高さを高精度にとらえ、飛行を調整することで同じ場所に留まることが可能。この機能を「VISION POSITIONING」と呼んでいる。

底面に、超音波センサーと、位置補正用のセンサーを装備

モーターやバッテリも強化

専用コントローラでの操作のほか、タブレットやスマートフォンのDJI Pilot Appでの操作にも対応。アプリの対応OSはiOS 8以降と、Android 4.1.2以降。タブレットなどを用いた、720/30fpsでのライブビューにも対応し、2km離れた場所でも映像を確認可能。遅延は220ms(モバイルデバイスに依存)。飛行中にPhantom 3から送られたHD映像の表示や、マップ上での位置確認などが可能。

DJI Pilot Appのユニークな機能として、「FLIGHT SIMULATOR」モードを用意。実際にPhantom 3を飛ばす前に、操作のシミュレーションが行なえるというもの。初心者でもフライト前に確認でき、操作ミスなどによる破損のリスクを大幅に減らせるという。

スポンサーリンク

アプリのDJI Pilot App画面。左下がマップ

フライトの履歴

「FLIGHT SIMULATOR」モード

また、撮影した動画から好きなシーンを選ぶと、自動でショートムービーを作成する機能も搭載。選んだテンプレートに合わせて簡単に編集して、YouTubeなどにアップロード可能。「アップロード/シェアするまで約5分で行なえる」としている。その他にも、飛行のログをとって、撮影場所や時間、高度などのデータを後から確認することも可能。

ショートムービー作成機能の画面

YouTubeなどにアップロード可能

日本独自の取り組みとして、購入から1年間のうちは、ユーザーが起こした事故の賠償責任を補償するDJI専用の制度を用意。ミスで人にケガを負わせたり、駐車している車などを傷つけた場合などに適用できるもので、三井住友海上との協力により実現。対人の場合は最大1億円、対物は5,000万円までを補償。なお、この制度は購入した本人のみ適用されるもので、譲渡や貸し出しなどをした場合は対象外となる。1年より後の補償については、両社で検討中としている。

DJI専用の賠償責任補償制度

ドローン以外にも、一眼レフカメラなどを装着する3軸の手持ちジンバル「DJI RONIN-M」や、ソニーのミラーレス一眼・α7/7S/7Rを装着して同社の大型ドローンに装着可能な「ZENMUSE Z15-A7」も販売予定としている。

DJI RONIN-Mの利用例

ZENMUSE Z15-A7の利用例

ドローン出荷は100万台突破。農業などへの活用も

DJIの丸川英也氏

DJIのドローンは累計出荷が100万台を突破。同社の丸川英也氏は「地球上で最も活躍している空撮ドローン」と紹介した。

また、開発者などに向けてSDK(Software Development Kit)を公開しており、カメラのジンバルやGPSなどの情報を取得して様々なカスタマイズが可能な点を紹介。国内でも、既に農業や測量、インフラなどの分野で活用され始めているという。また、空撮の普及に向けて、Phantom 3のマニュアル本や、フライト講習会などの取り組みも進めているという。

21日に行なわれた製品発表会には、DJIのドローンで撮影するプロも来場。モータースポーツのラリー動画を配信する「RallyStream」の染谷弘和氏と、100カ国以上で大自然や世界遺産などを撮影しているカメラマンの矢口信男氏が来場。それぞれの活用方法などについて説明した。

RallyStreamの染谷弘和氏

カメラマンの矢口信男氏

ヘリでは撮れない低い場所なども、ドローンでは撮影できる点などを紹介した

4Kで空撮! DJIがクアッドコプター「Phantom 3」を国内発売

スポンサーリンク

DJIは4月21日、4Kでの空撮に対応したクアッドコプター新製品「Phantom 3」の記者発表会を開催した。会場では実機を使用したデモンストレーションが行われたほか、プロカメラマンをゲストに迎えてのトークも行われた。ここでは、動画も交えながら発表会の様子を伝える。

Phantom 3

地球上でもっとも活躍している空撮ドローン

香港に本社を置くDJIは、空撮ドローンのメーカーとしてはパイオニア的な存在。「the future of possible」をスローガンにビギナーからプロフェッショナル向けまでさまざまな機材を提供しており、その製品は世界中の空撮愛好家やプロカメラマン、撮影監督に使用されている。

発表会では、まずDJIジャパンの丸川英也氏が登壇し、新製品Phantom 3の紹介を行った。丸川氏によれば、同社の「Phantom」シリーズは2012年の初代「Phantom 1」以降、全部で3モデルが登場。その累計出荷台数は100万台を超えており、「現在地球上でもっとも活躍している空撮ドローン」とのこと。同氏はこうした世界中のユーザーのニーズに応えるべく「主力製品であるPhantomシリーズをさらに進化させた」とコメント。そして最新モデルとなるPhantom 3を披露した。

同製品は、現行の「Phantom2 Vision+」と同様に本体底部に動画撮影用カメラを備えたクアッドコプター。外観は従来機のデザインを踏襲しているが、飛行安定性やカメラの性能などが大きく進化している。会場では丸川氏の紹介を受けて、プロペラ音とともにPhantom 3が姿を現した。スクリーンにはカメラが捉えた会場の様子が映し出されており、その映像はブレのない非常に安定したものだった。

スポンサーリンク

DJIジャパンの丸川英也氏の紹介を受けて、新製品Phantom 3が登場
Phantom 3飛行デモ(音が出ます)

安定した飛行で4K撮影が可能

GPSが利用できない屋内では、機体の位置を把握できないため安定したホバリングが難しくなる。しかし、Phantom 3には超音波センサーと専用カメラによって高度と位置を補正する新機能「VISION POSITIONING」が搭載されており、GPSを使わずに同じ場所に滞空することが可能になっているという。

Phantom 3が搭載するカメラは、4K動画と1,200万画素の静止画撮影に対応したもの。3軸カメラ安定化機能を装備しているため、高画質でブレの少ない滑らかな映像を実現している。視野角は94度で、湾曲の少ない自然な映像を撮影可能。会場のスクリーンにはPhantom2 Vision+とPhantom 3で撮影した画像が並べて表示されたが、前者の水平線がドーム状に丸くなっているのに対して、後者の水平線はまっすぐになっており、その差は歴然としていた。

ちなみに、Phantom 3で撮影したフライト時の映像は、最大2km離れた場所からでも720pのHD画質で専用コントローラーに転送することができる。そのコントローラー背面には映像出力用のUSB端子が搭載されており、タブレットなどに繋げば画面でリアルタイムに確認しながら操縦することも可能。このほか、ESC(Electric Speed Controller)やバッテリー、モーターの性能なども向上しており、より高精度で直感的にコントロールできるという。

4K動画と1,200万画素の静止画撮影に対応したカメラを搭載する
Phantom2 Vision+とPhantom 3で撮影した画像の比較。Phantom 3は湾曲の少ない自然な映像を撮影できる 最大2km離れた場所からでも720pのHD画質で送信機に転送できる

空撮ドローンPhantom 3国内発表。最大1億円の対人補償つき13万9800円から

スポンサーリンク

DJIは、3軸ジンバルやGPSを搭載した空撮ドローン Phantom 3を4月21日に国内発表しました。

新搭載の超音波センサーによる安定化やYouTubeストリーミングといった新機能に対応したほか、視野角94度でF2.8のレンズを採用しています。

最大30fpsの4K動画を記録可能なProfessionalと、60fpsのフルHD動画に対応したAdvancedの2機種をラインナップします。両者の主な違いは記録解像度とフレームレート。

主な仕様についてはグローバル発表での既報のとおり。ここでは4月21日に開催された国内発表会の模様をお伝えします。

空撮ドローンDJI Phantom 3発表。4K動画やYouTube中継に対応、FHD版999ドルから

DJI Phantom 3 新型センサー搭載でホバリング可能。4K動画や3軸ジンバル搭載

すべての写真を見る

28 枚

4K動画記録以外の新たな機能としては、GPSの通らない室内などでも安定したホバリングが可能になる「VISION POSITIONING」機能が挙げられます。本体底部に搭載された超音波センサーと専用カメラからなり、センサーでは高さを、カメラでは地面の模様を認識し、得られた情報から現在位置を推測し、空中静止位置の安定化を図る仕組みです。


本体底部の超音波センサーとVISION POSITIONING専用カメラ。繰り返しパターンの床は誤認識しやすいそうです



旧機種Phantom 2 Vision+との静止画比較。Phantom 3では像面歪曲が補正されています


映像転送可能距離は最長2km

スポンサーリンク


モーター制御装置(ESC)、バッテリー、モーターといった基本パーツの性能を向上させ、操作レスポンスなどを改善しました


操作用アプリ DJI PILOT APPの操作画面。シャッター操作のほか、機体位置と飛行ルートのマップ表示、高度や速度などの飛行データ表示、撮影設定の変更などが行えます


フライトログ管理画面


実際にドローンを飛行させる前に操作を練習できるフライトシミュレーター機能


簡易動画編集機能 Film Maker


Phantom 3の発売時期は5月中旬で、価格はPhantom 3 Professionalが17万5000円、Advancedが13万9800円。

なおこの価格には、本機を使用中に操作ミスなどで人に怪我を負わせたり、駐車中の車などを傷付けたりした場合などに適用できる保険の金額も含まれています。日本独自の取り組みとして、三井住友海上と協力して実現したもの。最大補償金額は対人で1億円、対物で5000万円。



このほか、同社が取り扱うカメラスタビライザーのRoninシリーズには、小型軽量タイプのRonin-Mを投入しました


ソニーのフルサイズミラーレスカメラα7に対応した空撮ドローン向けジンバルシステム Zenmuse Z15-A7と飛行イメージ

本機を試用したモータースポーツカメラマンの染宮弘和氏は、空撮ドローンを用いた仕事をこなすようになってからの感想を以下のように述べています。

「これまで空撮はヘリコプターを使う必要がありました。限られたイベントで、限られた方々にしかできないことだったのです。そうした状況は、Phantomのような空撮ドローンの登場によって、しっかりとした知識と操作技術の習得、安全に対する配慮さえあれば、空撮映像を以前よりも手軽に撮れるようになりました。今はドローンを飛ばすこと、撮影すること、空撮映像を見てくださるみなさんの反応を見ることの相乗効果で、私自身仕事が楽しくて仕方がない状態です」(染宮氏)

飛ぶのも撮るのも見せるのも楽しい、と語る染宮氏

同じくPhantom 3で空撮映像を撮影したカメラマンの矢口信男氏は、空撮ドローンを使い始めてからのエピソードを披露しました。

「使い始めた頃はすぐに墜落させてしまって、ものの数分で50万円くらいの機材が消えたこともありました。現在のように映像が撮れるようになるには、2年くらいの習熟期間は必要でしたね。数年前は空撮ドローンも今ほど高性能ではなかったので、今ならそれほどの期間練習する必要もないかとは思います。Phantom 3は、空中での画面の安定性が高いのが良いですね。カメラを三脚に据えたかのような安定感があります」(矢口氏)

矢口氏も染宮氏と同じく、これまでの空撮では不可能だったことが可能になる点を評価しています。具体的には、狭いところに入っていけること、動物に接近できること、そして空撮にかかる費用が劇的に低減することを挙げました。そのいずれも、ヘリコプターを用いた空撮では実現が難しかったことです。

DJI製ドローンの中でもPhantomシリーズはコンシューマ寄りの製品ですが、費用対効果の点からプロの現場でも使われ始めているとのことです。カメラマンのトークでも、撮影にかかる費用を大きく低減できる点で、TV番組の制作現場では重宝されるのではないかと推測していました。

Phantom 3においても、4K動画記録への対応や日本展開にあたって保険の適用を行うなどの施策から見て、今後業務用途で空撮ドローンを使用することの一般化を意識していることが伺えます。