空撮におすすめのドローン/マルチコプター10選!低価格からカメラ付きまでご紹介

スポンサーリンク

スマートフォンから経由で空撮の状況がリアルタイムで確認でき、自分の好きなタイミングで撮影できるドローン(マルチコプター)。しかもWi-Fi FPV通信範囲は最大100m。脚部にはLEDが搭載されているので、ナイトフライトも安心して行えます。撮影した画像はマイクロSDカードに保存されるので、PCでの再生なども可能です。この性能で価格が3万円以下は有り難い。

 

Hubsan X4 HD同様200万画素のカメラを内蔵しています。ローターガードはもちろんですが、脚部がラバーで覆われていたりと、機体を衝撃から守ってくれる安心設計のドローン(マルチコプター)です。また、フリップ(宙返り)操作も簡単にできるので、空撮だけではなく、ラジコンとしても楽しむ事ができます。飛行時間は約7分程。こちらも1万円以内で購入可能です。

 

6軸ジャイロセンサー搭載の抜群の安定性が魅力。そのため、初心者の方でも比較的操作しやすいドローン(マルチコプター)となっています。墜落などのトラブル時には勝手にモーターの電源が切れる仕様となっているため、万が一の時にも安心です。ビギナー、スポーツ、エキスパートの3つのフライトモードからお好きなタイプを選択することができるので、用途に合わせて楽しめる点も嬉しいポイント。

 

スポンサーリンク

クラウドファンディングのKickstarterで話題となった手のひらサイズの小型ドローン(マルチコプター)。軍事産業用ドローンなどを開発しているイギリスのTorquing Group Ltd社製という点で性能面も安心。500万画素HDカメラを搭載しているので高画質の空撮が楽しめます。飛行時間も10~15分と比較的長めなのは嬉しいですね。

 

一昔前は、空撮なんて一部の人たちがヘリコプターなどから撮影するようなもので、一般人には全く縁のないものでした。しかし、最近では市場に安価なドローン(マルチコプター)が出回るようになり、また、GoProなどのアクションカメラの普及もあって、空撮も一気に身近なものになってきました。今回はそんな空撮をする際におすすめのドローン(マルチコプター)を低価格なものからカメラ内蔵タイプまで編集部独自の視点でご紹介していきます。

 

 

ドローン おすすめ 最新TOP5

スポンサーリンク

今最も注目を集めているテックガジェットにして撮影機材である「」。サイズや機能も非常に豊富で、誰もが簡単に購入出来るようになりました。

ドローンの利用にあたっては、色々なニュースでも取り上げられているように、少し法的な整備がまだまだ追いついていないところもあるようです。ただし人の少ない公園や広場で個人的に使用する分に問題ありません。正しい操作方法をしっかり身につけて、ドローンで綺麗な映像を沢山撮影しましょう!モデルによって出来る事がかなり違いますので、機能や価格をよく吟味してドローンを選んでみて下さい。

 

おすすめのドローン一覧

1. DJI Phantom 3

f:id:thablue19:20150621101844j:plain

サイズ:中型  価格:¥226,150

  • 4Kビデオ、12メガピクセルの写真の撮影が可能
  • モバイルでのライブストリーミング
  • 高速充電
  • 20分間連続飛行可能

この価格帯では非常に人気が高いドローンで、ネット上にレビューや撮影動画が多くある所が強み。DJI Phantom唯一の弱点であったカスタマーサポートの薄さも、今後改善されて行くというアナウンスがされている。

前作のPhantom2を上回る安定した飛行が魅力で、Inspire1とほぼ同程度の撮影クオリティを誇る。これまではまず飛行の練習のために小さめのドローンを買うのが普通だったが、このDJI Phantom3は初心者であっても問題の無い製品になっている。

2. DJI Inspire 1

f:id:thablue19:20150621101911j:plain

サイズ:大型  価格:¥ 383,400

まず何と言っても、かつてのSF映画で見たかの様なカッコいいデザインが魅力的。実際、見た目に惹かれて買って行く人もかなり多いのだとか。

見た目だけではなく性能もピカイチ。記事によれば、クアッドコプターの中ではInspire1を超える物は現在おそらく無いとの事。約1.5km離れた地点からのHDビデオストリーミング、4Kビデオ撮影、自動ブレ補正、最大時速80kmの高速飛行も可能。

かなり高性能なドローンではあるが、初心者には少々敷居が高く、プロの撮影者やセキュリティーガード向けに作られている。ただしもちろんしっかりとマニュアルを覚えれば使いこなせる様になるし、友人達からの羨望のまなざしを集めたいなら是非ともInspire1がおすすめ。

 

3. Hubsan X4

f:id:thablue19:20150621101930j:plain

サイズ:かなり小型  価格:¥8,800

ビギナー向けの小型ドローンとして最も人気が高いモデルのひとつ。「Nano QX」と同じ大きさでありながら、なんと価格は約半分。

最安値バージョンの場合だとアジリティモードが使えず、完全なマニュアル飛行ができない。しかしその分高速できびきびとした動作をしてくれる。6つのLEDライトが付いていて、手元のコントローラでオン/オフを切り替えられる。

スポンサーリンク

最上位バージョンの「H107D」はリアルタイムでの動画確認が可能。ただし飛行範囲が2〜300メートル以内しか無いので、購入にあたってはこの辺りに注意が必要。

Amazonで購入する

 

4. Blade Nano QX

f:id:thablue19:20150621101955j:plain

サイズ:かなり小型  価格:¥9,010

「LaTrax Alias」と似ているがさらに小さい。安定モードとアジリティーモードを切り替える事が出来て、使用する場面に応じて切り替えが可能。

NanoにはAliasのようなオートフリッピング機能が付いていない所が弱点と言われているが、実際にはそこまで問題ではないとも思われる。マニュアルでのフリッピングはなかなか楽しい物でもあるからだ。かなり小さいため、遠くまで飛ばしてしまうと見えなくなってしまう。いまどこへ向けて飛ばしているのか分からなくならないように注意が必要。

 

5. パロット ビーバップ

f:id:thablue19:20150621102015j:plain

サイズ:小型  価格:¥74,900

市販のドローンの中ではより新しい技術が多く詰め込まれている。小さくて賢いドローンで、価格は少々高い。

ARドローンと同じ様に、iPhone、Androidのデバイスで操作する事ができる。しかしこのビーバップでは、リアルなジョイスティックコントロール、魚眼レンズ撮影、HDMI出力などのイケてる機能が多く搭載されている。特に180度の広角魚眼レンズ撮影はかなり使える。

ビーバップは相当おすすめのドローンであるのは間違いないが、問題点が無い訳ではない。ひとつはストリーミングの際のタイムラグが少し大きい事。これはFPV飛行の正確な操作を妨げる物だ。

価格も少し高すぎると言えなくもない。というのも、スマホを使わずに操作する為の専用のコントローラーも別売りとなっているのだ。

総合的にいえば、パロットビーバップは「超クールなテックガジェット」としては間違いなくおすすめ出来る。ただしプロフェッショナルな撮影となると微妙な点が多い。自分のスマホをコントローラにして、楽しみながらドローン撮影をするのであれば良いと思う。

 

1万円以下のドローンおすすめ7選!初心者でも低価格ドローンで空撮を楽しめる

スポンサーリンク

ドローンで空撮してみたいけど、いくらぐらいするんだろう? そもそも個人で購入できるものなの? など、興味はあるけどなかなか手が出せない存在のドローン。実は今、ドローンの低価格化が進んでおり、1万円以下で購入できるドローンもたくさん販売されています。そこで、今回は1万円以下という低価格で購入できる、初心者にも安心のおすすめのドローンを紹介していきます。
※価格は記事作成時のamazonを参照しています。

1. Hubsan X4 HD

61zkNeU2B5L._SL1500_

重さ51gの小型ドローン。720p対応の200万画素HDカメラを搭載しているので、高画質での空撮が楽しめます。ローターガードもついているので、室内での操縦も安心です。フライト時間はおよそ6分。カラーはワインレッドとブラックレッド、ブラックグリーンの3パターンから選べます。

フライトの様子▼

2. 童友社 スパイダーⅡ

6183lTDs2nL._SL1200_

ローターガードで飛行時に障害物から機体をガードしたり、脚先に付いているクッションで着陸時の衝撃から機体を守ってくれたりと、初心者には心強い安心設計。本体にはLEDが搭載されているので、夜間飛行もOKです。フライト時間はおよそ6分。

3. RC EYE One S

41KsneT5H4L

低価格ですが、6軸ジャイロセンサー搭載をしており、他のドローン顔負けの安定性がウリです。バッテリーを充電すればすぐに空撮を楽しめる点も嬉しい。ビギナー、スポーツ、エキスパートの3つのフライトモードが用意されているので、初心者の方もビギナーモードで安心して空撮を楽しめます。

フライトの様子▼

4. Syma X5C Explorers 4CH

41ebDaLAGSL

全長27cm、重さ101gと低価格帯のものでは比較的大きめのドローン。200万画素のカメラを搭載しているので、すぐに空撮が楽しめます。付属のUSBカードリーダーでデータの取り込みも問題なし。フライト時間はおよそ7分。

スポンサーリンク

フライトの様子▼

5. Weekender Q4i HD200

611eqOj05BL._SL1280_

HD対応200万画素カメラを内蔵したドローン。ローターガードや脚部のラバーなど、機体を衝撃から保護する安心設計。フリップ(宙返り)操作ができるので、空撮以外の楽しみも満載。前後に装備された異なる色のLEDで機体の前後が簡単に判別できます。フライト時間はおよそ7分。

フライトの様子▼

6. Nine Eagles Q4α

51lpqY2wdlL._SL1280_

全長120mmの小型ドローンながら、6軸システム搭載で高い安定性を実現しています。オートフリップ操作で、フリップ (宙返り) も簡単に操作可能です。前後で色の違うLEDライトを装備しているので、夜間飛行も安心。脚部のソフトパッドで着陸や落下時の衝撃から機体を保護してくれます。

7. Weekender nanoQ

611UGAffMuL._SL1280_

低価格ドローンで飛行を楽しみたい方にはこちらがおすすめ。nanoQは操作性と安定性が魅力のドローン。機体のスピードが3段階 (低速/中速/高速)に切り替えできるので、初心者も安心して操作が楽しめます。また、高性能の3軸ジャイロと3軸加速度センサーで、超小型ながら安定性のある飛行を実現しています。

フライトの様子▼

今回取り上げたもの以外のドローンについては下記をご覧ください。