フェイスブックは、レーザーと無線信号を組み合わせて上空から地上にインターネットを届けるドローンの最初の1機が完成

スポンサーリンク

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは7月30日(米国時間)、レーザーと無線信号を組み合わせてソーラーパワーで地上にインターネット接続を届けるドローンの開発プロジェクトに大きな進展があったと発表した

「Internet.orgの取り組みの一環である航空機『Aquila』の、フルヴァージョンの最初の1機が完成したことを発表できてうれしく思っています」とザッカーバーグ氏は書いている。「Aquilaは、空から地上にインターネットを届けるソーラーパワーの無人機です。ボーイング737と同等の翼幅を持ちながら、重量は自動車より軽く、連続して何カ月も飛ぶことができます。また、レーザー通信技術のブレークスルーを達成し、10Gbpsでデータを伝達できる新しいレーザーのテストに成功しました。これまでのどのシステムよりも10倍以上高速な通信で、10マイル(16km)以上離れた10セント硬貨サイズの目標に正確に接続できるものです」

当然、この“10Gbps”は複数のユーザーが共有することになるが、これにより、たくさんの人がインターネットにつながるようになる。

フェイスブックによるこのネットワークは、グーグルの「Project Loon」(日本語版記事)と同じような運用になる。Project Loonの場合はドローンではなく気球だが、どちらのネットワークも、航空機がお互いに信号を送り合うことで接続範囲を拡大する。

フェイスブックのシステムでは、レーザーはドローン同士の通信に使い、ドローンは地上とは無線電波で通信することになる。ザッカーバーグ氏がFacebookに投稿した動画では、「地上ステーションは、母機となる航空機にインターネットの無線電波を送り、その航空機は、これを編隊のほかの航空機にレーザー技術を使って送る」と説明されている。そして、ドローンから地上へは無線信号で送信されるという。

スポンサーリンク

フェイスブック航空チームの技術責任者、アンディ・コックスは動画の中で、Aquilaについて、「非常に軽量で、翼幅がとても大きい航空機であり、通常の旅客機より高い高度60,000フィート(約18km)を、最大で3カ月間、連続して飛ぶことができる」と説明している。

「今回の取り組みが重要なのは、世界の人口の10パーセントは既存のインターネットインフラがないところに住んでいるからです」とザッカーバーグ氏は書いている。

フェイスブックはすでに、モバイル通信事業者と共同で、低価格帯の携帯電話によって、ウェブの一部無料でアクセスできるようにする取り組みを行っている。

TAG

消火活動を妨害するドローン操縦者に懸賞金、その額7万5000ドル

スポンサーリンク

悪意のあるドローン操縦者はお金使ってでも見つけださなければ、そんなとこまできているのです。

野次馬ドローンが妨げとなり、消火活動が遅れるというとんでもない事件がアメリカで立て続けに起きました。人の命がかかった緊急事態にドローン飛ばして何やってんだと、怒り心頭のカリフォルニア州サンバーナーディーノ市は、ついにこのような迷惑行為を行なうドローンの操縦者を発見した人に礼金を出すことを発表。その額は、なんと合計7万5000ドル(約930万円)というかなりの大金です。これは言い換えれば、ドローン操縦者に懸賞金がかけられたということです。

サンバーナーディーノ市では、今年の6月から山火事の消火活動が3度もドローンによって遅れる事件が起きていました。懸賞金は各事件2万5000ドルの合計で7万5000ドル。懸賞金をかけるだけでなく、市は専用のホットラインも設けて情報提供を呼びかけています。また、この動きは今後このようなドローンによる妨害が起きないようにという、抑止の意味合いもあるのでしょう。

スポンサーリンク

アメリカでは、現時点でドローンは航空機とみなされ、警察の判断で撃ち落とすことはできません。しかし、これに対して先日緊急の場合はドローン破壊を許可するように法を改正するよう求める動きがでてきました。

火事のような緊急の場を撮影するなんて…と思いますが、YouTubeなどの動画サイトをみると、意外にも多くの山火事空撮動画がポストされています。例えば、以下のこれもそう。

撮影者は、消火活動の妨げになるようなことはしていないとコメントしていますが、何が障害になるかわからないのが緊急事態ですから。

高性能「ドローン」を支える町工場の技術

スポンサーリンク

 災害の調査や物資の運搬などに活用される小型無人機「」の製造を鹿沼市の町工場が支えている。

 無線操縦ヘリの趣味が高じて研究を重ね、大学や企業からの様々な注文に応じてオーダーメイドできるのが強みで、東京電力福島第一原発事故の調査にも機体が使用されている。6月には国土交通省の操縦技術を競う大会で優勝し、今後は国交省の調査研究にも協力する。

 鹿沼市ののどかな住宅地にある五百部いよべ商事社長の五百部達也さん(52)(宇都宮市西川田)は中学生の時にお年玉で無線操縦ヘリを入手して以来、のめり込み、操縦技術の世界大会で準優勝した経歴を持つ。

 無線操縦ヘリメーカーに勤務した後、24歳で父親が経営する五百部商事に入社し、ヘリ部門を設けた。2009年、四国電力の研究機関から製造を依頼されたのを機にドローンの製造を始めた。

 オリジナルで部品を製造し、速度の出るものや重い荷物を運べるものなど、用途に応じた飛行性能や形状を製造できるほか、軽くて頑丈なジュラルミンの部品の使用によって、耐久性が高いのも強みだ。

 趣味で使用される海外製に比べ高価だが、こうしたオーダーメイドや高品質が評価され、現在は4人の従業員と一緒に月60~70機を製造。全国から舞い込む注文を全て受けきれないのが現状だ。手のひらに収まるサイズから、幅約2メートル、最大積載量約20キロのものまでこれまでに50種超を製造した。

スポンサーリンク

 五百部さんによると、福島第一原発での調査のほか、空撮によるインフラ点検や測量、農薬散布などで活用されているという。

 国内のドローン研究の第一人者の野波健蔵・千葉大特別教授が設立した「自律制御システム研究所」(千葉市)や、高品質なドローンを量産している「菊池製作所」(東京都)にも製品を提供している。

 野波氏は「目的に合った仕様を発注すると、その通りに納めてくれる。日本のトップレベルのラジコンエンジニア」と称賛する。同製作所の菊池功社長は「五百部さん抜きに量産は難しい」と信頼を寄せる。

 五百部さんは6月に国交省東北地方整備局などが開いたドローン操縦技術の大会を制した。同整備局は今後、土砂崩れや雪崩などの災害調査で、五百部さんらと協定を結び協力を仰ぐ。

 「ドローンの可能性は無限大」と語り、自らも空撮で地形を図面化する事業を始める方針だ。ただ、数百ある部品は寿命が短いものもあり、一つでも壊れれば落ちる危険性もある。五百部さんは「飛行規制や、扱う人への知識の周知も必要だ」と指摘している。