今のうちに買っておきたい!?1万円以下で空撮が楽しめるドローン3選

スポンサーリンク

ニュースなどで話題のドローン。簡単に操縦できることが人気の理由の1つですが、実は空撮こそがドローンの真髄とも言えます。普通では撮れないような写真や映像が、ドローンを使えば簡単に撮れますから。

でもカメラ付きのドローンって高価なんでしょ? と思って調べてみたら、カメラ付きのドローンが意外と安かったので、おすすめの3機種をご紹介したいと思います。ビットエーでも1つ購入してみましたよ。

1万円以下!空撮を楽しめるおすすめドローン3選

空撮。なんとも甘美な響きですよね。例えばこんな動画。

普通は下から見る花火を、横から、そして上から見ています。それどころか、花火の中に入り込むような映像にワクワクが止まりませんよね。

他にも、

雪山で撮影された映像は、思わず息を呑む美しさです。

ここまで高画質じゃなくても、自分も空撮してみたいって思いますよね。大変お待たせいたしました。1万円以下で空撮可能なおすすめドローンがこちらの3つです。

Amazonで人気No.1「X5C EXPLORERS」

まず最初にご紹介するのは、Amazonでもベストセラー1位となっている「X5C EXPLORERS」です。

サイズは、27cm × 27cmで、重量は101gと、割と大きめのドローンです。microSDカードとカードリーダーも付属しています。

大きいので、空中での安定感が欲しいって方におすすめです。

機能など 詳細
カメラ画素数 200万画素
プロペラカード あり
主な付属品 micrSDカード、カードリーダー
サイズ 全長27cm × 幅27cm × 高さ6cm
フライト可能時間 7分

※撮影する動画には音声も収録されますが、プロペラの音が大きすぎて、周りの音はほぼかき消されます。

音声は英語ですが、以下の動画がすごく参考になります。


カメラ付 RC ラジコン クアッドコプター マルチコプター コントローラ付き 【上昇・下降、右・左旋回、前進・後進、静止画・動画撮影:200万画素】 4CH 2.4G REMOTE CONTROL QUADCOPTER ホワイト

その安さが魅力!「F180C クアッドコプター」

まずは試しで、とにかく安く始めてみたいって方には「F180C クアッドコプター」がおすすめです。こちら、Amazonでは6,000円代で販売されています。

価格は安いですが、スペックは十分だと思います。

機能など 詳細
カメラ画素数 200万画素
プロペラカード あり
主な付属品 micrSDカード、カードリーダー
サイズ 全長13.5cm × 幅13.5cm × 高さ3.5cm
フライト可能時間 8分

※撮影する動画には音声も収録されますが、プロペラの音が大きすぎて、周りの音はほぼかき消されます。

スポンサーリンク

またも英語ですが、以下の動画が参考になるかと思います。


【高画質 カメラ搭載 4chクアッドコプター+2GB SDカード】 ラジコン ヘリコプター 空撮 動画 TV 再生【曲芸飛行でド迫力空撮映像が撮れる】

ビットエーはこれを買いました!「HUbsan X4 HD」

最後にご紹介するのは、ビットエーでも実際に購入してみた「Hubsan X4 HD」です。

こちら、先ほどご紹介した「F180C」とほぼ同スペックと言えます。違いとすると、LEDがローターそれぞれに付いているので、機体の向きを把握しやすくなっています。

また、色んな参考動画を比較したところ、カメラの歪みが少ないと思いましたので、これに決定しました。ただし、フライト時間は6分程度と短いのが欠点です。

機能など 詳細
カメラ画素数 200万画素
プロペラカード あり
主な付属品 microSDカード、SDカードアダプター
サイズ 全長約11cm × 幅11cm × 高さ約3.5cm
フライト可能時間 6分

※撮影する動画には音声は収録されません。

英語ですが、こちらが参考になると思います。

また、この機種はかなり熱心なファンの方も多く、カメラや加速度センサーの調整方法などの動画がアップされていることも決め手になりました。

Youtubeで「hubsan x4 hd」で検索すると、多くの動画がアップされています。ちょっとマニアックなものも含めて一部をご紹介します。

■カメラのフォーカス調整

■加速度センサーの初期化(機体が安定しなくなった時に)


Hubsan X4 HD (ワインレッド) H107C-1

さいごに

どのドローンも1万円以下で購入できます(2015/04/24現在)。空撮に挑戦したいという方、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか?

※ご使用にあたっては、細心の注意をもって周りの方のご迷惑にならないように、また規制などによって今後使用できなくなる可能性があることをご理解の上、自己責任でお願いいたします。

さて、私も実際に飛ばして撮影してみましたので、最後はその動画でお別れしたいと思います。

それではまた。
ご存知、ゆうせいでした。

※ドローンは無事でした。

スマホで操縦、“今買える”無人飛行機ドローン6選

スポンサーリンク

近年、各所で注目を集めている「ドローン」(無人飛行機)。無人偵察機のような軍事目的から、被災地など人が立ち入れない場所に飛んで状況を確認するもの、映像の世界ではドローンによる空撮で斬新な映像を撮影したりと、さまざまな分野で既に活躍中だ。最近では米Amazonがドローンを使った配送サービスをテストしていたり、国内ではセコムが防犯用の自律型ドローンを開発中である。

ky_drone_top.jpg

このようにドローンが今後、更なる一大産業になるのは明らかで、映画で観たような世界が現実になりつつあるのに思わず興奮せざるを得ない。さらに上で挙げたような業務用だけでなく、ホビーの世界でもドローンがじわじわと人気になりつつある。

今回ご紹介するのは、スマホやタブレットでコントロールできるおもちゃのドローンだ。ヘリコプターのように自在に空中を飛行できたり、搭載されたカメラから送られてくる映像を見ながら(ドローン=無人飛行機という定義からは外れるが)地面を走行したり、はたまたボール状だったりと、さまざまな種類が登場している。大人から子どもまで楽しめるのでガジェット好きは要チェック! クリスマスプレゼントにも最適だ。

AR.Drone 2.0

ky_ARD2.jpg

パロットの「AR.Drone 2.0」は、スマートフォンでコントロールするドローンの代名詞的存在。搭載されたHDカメラによる映像を見ながらの操縦が可能で、写真や動画の撮影もできる。特筆すべきなのは飛行の安定性。離陸や着陸はワンタッチ操作で、浮上中は基本的にホバリング状態で自動滞空してくれる。そのうえ高度の調整や向きも自在に調整可能だ。装備を替えることで室内でも屋外でも操縦を楽しめる。

さらに、オプションのGPSユニットを搭載すれば、スマホの画面に表示される周囲の航空写真上で指定した位置に自動操縦させる――なんてことも可能。価格は38880円で、カラーバリエーションは「サンド」「スノー」「ジャングル」の全3色。

ミニドローンズ ローリング スパイダー

ky_MDRS.jpg

同じくパロットの「ミニドローンズ ローリング スパイダー」は、手のひらサイズのドローンだ。こちらも離着陸やホバリングは自動で、非常に高い安定性を誇る。前面にカメラが無いので映像を見ながらの操縦はできないが、本体下部に搭載された対地速度計測用のカメラで写真を撮ることが可能。

両サイドにホイールを装着すれば、地面や壁、天井を走行できるユニークな機能も。価格は12800円で、カラーバリエーションは「ホワイト」「ブルー」「レッド」の全3色。

スポンサーリンク

ミニドローンズ ジャンピング スーモ

ky_MDJS.jpg

同じくパロットの「ミニドローンズ ジャンピング スーモ」は、両サイドのホイールで地上を走るタイプのドローン。VGAカメラで映像を見ながら走行が可能で、急旋回やスピンなど機敏な動きのほか、ボディ後部に搭載されたジャンピング機構で80cmものジャンプ操作が楽しめる。

価格は19800円で、カラーバリエーションは「ホワイト」「ブラック」「カーキーブラウン」の全3色。

i-SILKY

ky_isilky.jpg

i-SILKYは地上を走る戦車風のラジコンだ。比較的安価ながらしっかり本体に30万画素カメラを搭載しており、リアルタイムの映像を見ながら前進後進左右とコントロールできる。質感はちょっぴり低めだが、価格はAmazonで7980円と手を出しやすいのが嬉しい。

Sphero

ky_Sphero.jpg

Orbotixの「Sphero(スフィロ)」はスマートフォンで操作できる球型ロボットラジコンだ。ちょっとの衝撃では壊れず防水機能を備える本体は、かなり機敏なコントロールが可能。といってもただボールをコントロールするだけではないポテンシャルをSpheroは秘めている。

というのも、ボールをコントロールするアプリのほかに多人数で遊べるゲームやボールを使ったアクションゲームなど、さまざまなアプリが用意されているのだ。フルカラーLEDを搭載していたり、非接触式の充電ベースが用意されていたり、どちらかと言えばガジェットに近い。遊び方を考えるのも面白い。価格は14000円前後。

Ollie

ky_Ollie.jpg

同じくOrbotixの「Ollie(オーリー)」は、Spheroと似たコンセプトながら、走りに特化したチューブ型デザインのスピード重視設計となっており、時速23キロメートル(秒速6メートル)を実現。こちらはスピンやドリフトといったトリックプレイを楽しむのに適している。走りが変わるオプションパーツなども充実。価格は13000円前後。

はじめての“ドローン”買い方ガイド

スポンサーリンク

2010年のCESで話題となった『PARROT AR.Drone』だが、その初代AR.Droneから飛躍的進化を遂げているのが、いまのドローン。1年半ほど前に英国ドミノピザが“DomiCopter”なるデモをやって、ピザをドローンを運ぶとやった。ちなみに、英国ドミノピザは、『Xbox One』でピザのメニューをアレンジして注文できるようにしてたりもする目の離せない人たち。その後、Amazonの“Prime Air”(ドローンによる配達)の計画が明らかにされるなど、毎週のようにニュースになっている。

さらには、YouTubeの空撮映像や森の中でミニ四駆のようにドローンレースを楽しんでいる人たちがいたり、米国で火を噴きながら空中戦をはじめている人たちもいてとても楽しそう。ということで、これからドローンを始める人たちにお勧めのドローン購入ガイドをお届けする。楽しみ方はそれぞれ。そういえば、友人のフランス人ジャーナリスト、エチエンヌ・バラール氏をはじめ、意外な人が楽しんでいるのも興味深い。なんといっても、コントローラから手を離せばその場で空中でホバリングしているのが、これから紹介するドローンたちだ。

1. 最初にこれに触った人はラッキー
『PARROT MiniDrones “Rolling Spider”』

製品ページ

今年夏に国内発売した重量55グラム、本体サイズも140ミリ四方と手のひらに乗るドローン。Bluetoothで接続してスマホで操作する点もユニークだが、最大の特徴はなんといってもその安定性。本体下に圧力センサー、超音波センサーと超小型のカメラがあり、一定の高さにホバリングしたら手を放しても精度数センチくらいでその場にとどまっているのには驚かされる。操縦できる距離は20メートル、時速18キロというキビキビ飛行が可能だ。

Drone

この機体、標準でついてくるホイールを使って壁や天井をはわせたり、飛行中のドローンをスマホから撮影しながら飛ばせる使い方があるなど、ユニークな機能満載。ちなみに、一般的なドローンは地上や床面からビューンと飛び立つことになるが、これの場合は空中にドローンを投げ出すことで飛ばすこともできる。なお、本体下のカメラで30万画素の写真を撮影することも可能(当然のことながら真下しか撮影できないが)。価格も1万円程度とエントリーには、今一番お勧めできるドローン。

2. ドローンで空撮革命を起こした
『DJI Phantom 2 Vision+』
製品ページ

ここ1年ほどでYouTubeに大量の空撮動画がアップロードされたが、その多くがDJI Innovations社の“DJI Phantom”シリーズによるもの(空撮動画を見たかったら“DJI”で検索するのがいちばん手っ取り早い)。香港の雨傘革命デモのようすは、地元の新聞『蘋果日報』が飛ばしたDJI Phantomが、デモの端から端までを映し出し、大規模なデモの実態がはじめて正確に報道された。英国BBCも、DJI Phantomを世界中で飛ばしており“ドローンジャーナリズム”ともいうべき現象が起きている(もちろん許可されている地域のみ。ちなみにDJIは中国深センに拠点をおく会社)。

Drone

DJI Phantomシリーズの特徴は、抜群の安定感と性能に対するコストパフォーマンスの高さ、そして、本体のコンパクトさにある。同シリーズには、単体で買ってきてアクションカムの“GoPro”を振動防止パーツ(ジンバル)を使って装着して空撮するタイプもあるが、DJI Phantom 2 Vision+は、標準でカメラがついていてオールインワン的に空撮が楽しめる(GoProに近い広角の映像)。プロポにスマホを付けるクリップがあり、FPV(ファースト・パースン・ビュウ)機能でドローンからの視点で飛ばすことも可能。本体を見失わないようなレーダー画面や自動帰還機能などの機能も豊富で、15万円以下でこれはお買い得。なお、カメラの角度を地上からコントロールできるので空撮向きだが、電波の関係でVision+の国内向けモデルは海外旅行などでは使えない。

スポンサーリンク

3. 新定番となるべく生まれた
『PARROT Bebop Drone』
製品サイト

AR.Droneでスマホ操作の個人向けドローンに火をつけたPARROT社が満を持して発売する新製品が『Bebop Drone』。国内では1月21日に発売されるとヨドバシの通販サイトで予約販売が開始されており、ホビー系のドローンファンには最注目のモデル。最大の特徴は、400グラムという軽量な本体に、どちらかというとフワフワと浮かんでいる感じだったAR.Drone2からキビキビ動作に生まれかわり、1400万画素・180度の魚眼レンズを先頭に装備しているところ。実機に触っていないのでフィーリングまでは伝えられないが期待感は大きい。

Drone

また、今回注目なのが4本のアンテナを装備した専用“スカイコントローラ”。プロポを真っ二つにして真ん中にスマホやタブレットを取り付けた両側を握って操作するスタイルになり、なんといってそのアンテナにより通信範囲が広がるという。そのほかにもHDMI接続でARメガネをつないだり、API公開がされるなど、スポーツ的な視点などでドローンを進化させようという意図が明確に示されているという点でも注目だ。価格は本体のみ(スマホ操作)で約7万円。コントローラのセットは約13万円となっている。

4. 空撮の“美しさ”を追求する飛行ロボット
『DJI Inspire 1』
製品サイト

DJI Phantomでドローンの世界を身近にかつ実用的にしたDJIの次世代機が“DJI Inspire 1”で、こちらも国内発売がされようという段階の新製品。なんといっても、ドローンの本体下部にカメラがある場合にじゃまだった脚(スキッド)が飛行後に持ちあがり、搭載カメラが360度の視界をとらえるというデザインが目を引く。それによってスムーズなパンが可能となった4K映像と1200万画素の静止画は、空撮ロボットと呼びたくなる性能と形をそなえている。パーソナルユースの空撮の世界を“楽しさ”から“美しさ”追求の世界へいざなってくれるのは確実だ。

Drone

DJI Inspire 1は、操作面でも新しさがあり、リアルタイムモニタリングや自動航行はもちろんのこと、2人で操作する“デュアルオペレータコントロール”に対応。これは、ドローンで空撮をやってきた人なら絶対に欲しかった機能のひとつで、1人は操縦に専念、もう1人が美しい映像を撮るという分業を可能にする(追加コントローラーが必要)。ちなみに、空撮を強調したが、DJI Phantom 2では、このクラスではもっぱら個人の技量に頼ってきた室内フライトをサポートする“ビジョンポジショニングシステム”を装備した点も新しい。GPSが利用できない室内でもカメラと超音波で、位置と高度を認識して安定飛行する。国内の販売価格は、約38万円(フルセット)とやや値がはるが、Phantom 2で空撮の世界を覚えたという向きには見逃せない1台といえる。

5. Dronecode と自作ドローン

2014年10月、ジュッセルドルフで開かれた組み込みLinuxのカンファレンスで、UAVのためのオープンソースプラットフォーム“Dronecode Project”が発表された。つまり、ドーンの世界もオープンソースで今後進化を早めていくことが確実になったといえる。12月21日に開かれた“ABC 2014 Winter”に設置されたドローン部屋でも、DronecodeのベースとなるPIXHAWKというコントローラーを載せた機体が持ち込まれていた。

Drone

実際に、ドローンを操作してみると、それがいわゆるラジコンで操作する今までの飛行機などとはまったく別のむしろ自動制御のカテゴリーに入る新分野であることをすぐに肌で感じる。もちろん、ミニ四駆的にチューニングしてやんちゃに遊ぶのもありだが、むしろ、自律型ロボットやソフトウェア的な楽しさ、オーディオやカメラにも通ずるとさえ思える部分がある。ということで、機体自体を自作する人たちも出てきていて、それはパーツやコントローラーの組み合わせとなるが、一応、購入ガイドの最後に付け加えさせてもらう。

なお、ここで紹介したタイプのドローンはいずれもプロペラがモーター直結でメカ的なトラブルの発生率はきわめて低くくなっている。とはいえ、飛行体であることは間違いないので、安全が十分に確保できないところでは飛ばすべきではない。Rolling Spiderのような小さな機体でも酒場の宴会芸にするのは、よほどお店の人やそこにいる人たちが全員オーケーで「やれやれ!」という場合でも、あまりやるべきではたぶんない。