動画:空撮ドローン Bebop Drone をFPVで飛ばしてみる (パイロット小寺信良)

スポンサーリンク

Parrot が4月に国内発売するホビー用ドローン Bebop の試遊ファーストインプレッションをお届けします。Bebop Drone は4つのローターを備えたラジコンヘリコプター、いわゆるクアッドコプターの最新モデル。

加速度計やジャイロ、気圧や超音波など多数のセンサによる自律制御で簡単に安定して飛ばせることに加えて、魚眼180度1400万画素のカメラによる空撮機能、独立したコントローラSkyControllerとヘッドマウントディスプレイで空からの主観視点操作などが特徴です。AV評論家で空撮ドローンにも造詣が深い小寺信良 氏による評価と動画は続きをどうぞ。

Parrot Bebop Drone 空撮ドローン(海外発表会)

すべての写真を見る16 枚

Parrot の Bebop Drone を実際に飛ばす

Parrot Bebop Drone の発売を前に、実際にフライトしてみる機会に恵まれた。場所は発表会場となったアーツ千代田3331の屋上である。ここはEngadget主催の「第2回全日本クワッドコプター選手権」の開場にもなった、クワッドコプターを飛ばすには由緒正しい場所である。

最初にエンジニアから操縦法のレクチャーを受ける

まずフライト前に、エンジニアからレクチャーを受ける。コントロールは、スマホ・タブレットアプリのFreeFlight 3か、ハードウェアのSkyControllerで行なう。ソフトウェアで簡単に飛ばせることはわかっているので、今回はSkyControllerを使ってみた。

SkyControllerはタブレットまで含めるとかなりの重量に

コントローラは、意外に重く1.5kgもある。さらに中央部にスマホやタブレットを挟み込むので、総重量で2kgを超えることもある。普通のプロポとは比較にならない重さだ。よって首から提げられるようにストラップも付属している。

機体とSkyController間は2.4GHzもしくは5GHzのWi-Fiで接続する。残念だが日本では、認可の関係で5GHz帯が使用できるのは屋内のみで、屋外は2.4GHzとなる。タブレットとSkyController間もWi-Fi接続だ。タブレットと機体は直接繋がっておらず、SkyController経由での通信となる。

日本で発売されるモデルでは、コントロールタイプがMode2になっていた。確かに日本ではMode2が主流といわれてるが、米国ではMode1が主流なので、国によって変えているのだろう。筆者は普段Mode1で操縦しているので変更したかったのだが、切り換え機能はない。

スポンサーリンク

現在ソフトウェアでモードが変えられるように、開発中だという。ただParottのドローンは姿勢制御のための細かい操縦が不要なので、モードが違ってもそれほど不自由はない。

機体の安定感はさすが
実際に撮影しながら飛ばしてみた。通常は機体を見ながら操縦する事になるが、本機はタブレットにカメラ映像がリアルタイムに送られてくるので、その映像を見ながら操縦できる (FPV:First Person Viewing)。

ただフレームレートは10fps程度で、ディレイは見た感じ0.5秒程度だろうか。高速に飛行しながら障害物をよけるには間に合わないが、ゆっくり飛ぶぶんには十分である。

これでも大絶賛操縦中である

FPVのメリットは、機体の向きと関係なくコントローラ操作ができるところだ。通常の機体を見ながらの操縦では、機体と自分が向き合った場合、前後左右の操作が見た目と逆になる。右に行こうと思えば、ジョイスティックを左に倒さないといけないのだ。これはかなりトレーニングしなければ、なかなかうまくいかない。一方でFPVを見ながらであれば、常に視点は機体と同じなので、画面内の右方向に行きたければ、右に倒せばいいことになる。

ただ操縦中はまったく機体を見る必要がないので、せっかくレジャーに連れてきたのにDSばっかやってる子供みたいな事になってしまっている。

実際に撮影された映像は、電子制御による強力な手ぶれ補正のおかげで、かなり安定している。ジンバルなしの固定カメラとは思えないなめらかさだ。固定カメラ機での撮影では、機体を前進させれば前傾することになるので、映像も下向きになるものだ。だがBebop Droneではまったくそういうこともなく、綺麗に正面を向いたままである。ホビークラスのドローンでは、ここまで操縦が簡単でしかもマトモなHD映像が撮れるものは、他にない。

SkyControllerにはHDMI端子が付いており、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を接続することもできる。HMDにジャイロセンサーが付いていれば、首の動きに合わせてBebop Droneの映像も180°見回すことができる。

現在のところ、ジャイロセンサーまで対応しているHMDは、Sony Personal Viewerと、Zeiss Cinemizerのみになる。SkyController付きのパッケージにHMDまで加えるとかなりの金額になってしまうが、SkyControllerだけを後から買うわけにも行かないので、中級、上級者は最初から14万円の出費を覚悟したほうがいいだろう。

これは買っちゃう顔ですわ

来る5月30日に秋葉原で開催する読者参加イベント『Engadget 例大祭』では、人気企画 クアッドコプター選手権の第三回を開催します。我こそはと思わんかたはぜひ参戦してください。(編集部)