「ドローン」規制法案 衆院を通過

スポンサーリンク

小型の無人機「ドローン」を国の重要施設の上空で無断で飛行させることなどを禁止する法案は、9日の衆議院本会議で共産党と社民党を除く各党などの賛成多数で可決され、参議院に送られました。
小型の無人機「ドローン」の飛行を規制する法案は、総理大臣官邸の屋上で「ドローン」が見つかった事件を受けて、自民党など4党が共同で提出し、民主党の提案による修正を加えたもので、9日の衆議院本会議で採決が行われた結果、共産党と社民党を除く各党などの賛成多数で可決され、参議院に送られました。
法案は「ドローン」のほか、人が乗るパラグライダーやハンググライダーなども規制の対象としていて、国会議事堂や総理大臣官邸といった国の重要施設や、原子力発電所の上空などで無断で飛行させることを禁止し、違反した場合には1年以下の懲役または50万円以下の罰金を科すとしています。
一方、本会議に先だって開かれた衆議院議院運営委員会の理事会で、政府は、「ドローン」の夜間の飛行を禁止することなどを盛り込んだ航空法の改正案を近く国会に提出する方針を伝えました。

コメントを残す